桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

版権

新年*Myポケ/カントー*

リーフはぶすっ、とした顔でコタツに潜り込んでいた。 その向かいには、リーフの幼馴染みでありライバルのソラが。その右隣にはリーフのハトコのファイアが座っていた。 ちなみにここはリーフの家である。

プレイ日記

正直に言おう。 ショックだった|||orz part2に続く……かも?

RSE物語―105番水道 Ⅴ ―

ユウキは、姿を変えたゴロウに図鑑を向けた。 図鑑にはヌマクローと表示される。 「これが、進化か。……よし!」 ユウキはホエルコの方に視線を向ける。ヌマクローに進化したゴロウも同じく戦闘体勢に入った。

RSE物語―105番水道 Ⅳ ―

妙な呻き声を上げてユウキは背中から倒れ、ポケモンは船の上に転がった。 一部始終を見ていたナオが一言ぽつり。 「バカみたい」

RSE物語―105番水道 Ⅲ ―

「わるかったな、田舎者で」 少しムッとした反応が返ってきたのを見て、ナオはめんどくさそうに簡単に説明した。 「携帯型多機能コンピュータ、ポケットギア。略してポケギア」 「多機能?電話以外にも機能があるってこと?」 「それ以外にどんな意味にとれ…

RSE物語―105番水道 Ⅱ ―

『今どこにいるんだ?』 「海の上」 『……は?』

RSE物語―105番水道 Ⅰ ―

波の音が聞こえる。耳を済まさなくともその辺りから。 今日は穏やかな海で、船の揺れは静かなものだった。 その船の中で、壁に寄りかかるように座って目を閉じているのがナオ、立ち上がってハギ老人とともに海を眺めているのがユウキである。

RSE物語―ハギ老人の小屋 Ⅲ ―

ナオの目がしげしげとバッジケースを見る。そして受け取った。 「ありがとう。アンタにしては気が利くじゃない」 「ボクにしてはって……」

RSE物語―ハギ老人の小屋 Ⅱ ―

一向にバッジから目を離さないナオに、ツツジが控え目に声をかけた。 「あの、バッジがどうかいたしまして?」 ナオがようやく顔を上げた。

RSE物語―ハギ老人の小屋 Ⅰ ―

ツツジがノズパスをポールに戻し、ナオに近づいてきた。 キモリをボールに戻しつつ、ナオも応じる。 「どうして気づきましたの?」

My Poke My Story ~ DPPt編Ⅱ~

シンオウ地方フタバタウンに、朝が訪れた。 涼しい気候のこの辺りには、夏は穏やかな朝がやってくる。だが冬は一変、雪が降り積もるほど寒くなる。 「気をつけて行ってくるのよ!」 「は~い!」 太陽が山の上から空のてっぺんとの中間くらいに昇った頃、か…

RSE物語―ツツジ戦 Ⅴ ―

「終わってないわ」 そしてぽつりとしてそう言った。 「どういうことですの?」

RSE物語―ツツジ戦 Ⅳ ―

余裕の笑みを浮かべるツツジに、ナオはいぶかしみ、ノズパスを注意深く見る。 「―――“かたくなる”……」 あれだけの勢いで流れた岩に当たって、傷が一つもない。いくらいわタイプであっても、一つくらいはつくものだろう。

RSE物語―ツツジ戦 Ⅲ ―

ツツジが二つ目のボールを放った。 ボムッ! 「あれは……?」

遅刻もいいとこ

サファ「あんた、今日誕生日みたいやね」 ルビー「あれ、ボク言ったっけ?」 サファ「父ちゃんから聞いたったい。―――はい」 ルビー「……これなに?」 サファ「あんたの誕生日祝いったい。こげんもんしかあげられんけ、すまんとね」 ルビー「いいよ、十分だよ…

RSE物語―ツツジ戦 Ⅱ ―

両者同時にボールを投げる。 ボムッ――― 「ラルトス“なきごえ”!」

おめっとサンバ!

タイトル古いよ、とか言うなかれ。実はこの曲、私は聞いていないのですが← 青酢のEDに使われた歌は、結構好きでしたよ♪ てことで、エメ&ブルー誕生日おめでとう!エメラルドは一応照れてるんですよ。ブルーは「今日はアタシの天下よ!」とか言いながら誕…

RSE物語―ツツジ戦 Ⅰ ―

受付を済まし、ナオはジムの中に入る。 中は、入り口から縦にバトルフィールドが広がっていて、その両サイドに岩をモチーフにした観客席が設けられている。電気はついていなく、薄暗い。 「あなたが今日、最初の挑戦者ですのね?」

きゃああああああ!!!

主人公イラスト発表されたー!!!!!(一日遅れ) 思わず描きなぐり。しかも昨日描いてないので一日ブランクでかなり苦戦(笑) か、かわいいよ、女の子!髪の毛はやっぱり跳ね上がるのねw あああ、これゴールド変わんないけど、クリスどうなるんだろ。ブ…

てことでさくさくーっと♪

Myポケジョウトs。ごめんね、イクリ。あなたまだ描き慣れてないんだ(汗) てことで、マコトとアオイです。金銀リメイクおめでとう^^ FRLGでは女の子がだいぶ変わったような気がするので、女の子の髪型がどうなるのか楽しみです♪ 重力を無視したままでくる…

次世代

作ってください、と言われたのでそのうち次世代部屋作ると思います。ポケスぺの。 正直、基本次世代は(いろいろな理由で)やらない方向でいたわけですけど、なんか昨日盛り上がったので、作るだけ作ろうかと。折角名前も考えていただきましたし。 本格的に…

偽り

君は笑う ボクを見て 嬉しそうに手を振った ボクは君に微笑み返す “ボク”? いいや、それとも“オレ”? 張り付けた笑顔の下で “ボク”は“オレ”は いつもわからなくなる 君に向けてる この自分は 一体どっちの自分なんだろう 素直な君に 嘘をつきたくない いつ…

そうじゃないか

同好会で漫画描いてよ。その方が少なくとも定期的に描けそうだ。うん、そうしよう。 で、今日描いてきたらくがき。ポケモン擬人化やってる子と知り合って、その影響で描いてました。 ポケダンでチコリータになったのでチコリータで。性格は一致してないけど…

やっぱり

手ブロより描きやすいな~、とか思ったり。 いつもの日記絵描きで。

ルビー

お裁縫中のルビーくん。これが描いた中で一番ルビーらしくうまく描けたやつって、どんだけルビー描けなくなってたん?自分。

My Poke My Story〜 DPPt編 〜

『結局、捜索隊の努力もむなしく、珍しい色違いの赤いギャラドスには、一目目撃することさえできなかったのでありました……』 流れていたテレビ番組がエンディングを迎える。 テレビの前でその番組を見ていた黄色いくせっ毛な髪の少年は、ぐぐぐっ!、と拳を…

返して

あなたは わたしが好きですか? わたしが あなたが大好きです 友達すき 愛すき 家族すき…… 好きにもいろいろあるものだから あなたのスキがわからない わたしは あなたにちゃんと伝えたのに どうしてあなたは覚えてないの? あんなユウキ もう しばらくはム…

無双OROCHI―成都の戦い―

たたたんっ! 軽快に地を蹴る音が響く。 「にしてもヒドイなぁ。あたし達を亡者だなんて」 ザヒュッ! 逃げた伝令兵を始末すると、くのいちは首や肩をグルリと回した。 「今ので最後みたいね〜」 自分達の総大将を捜しているという趙雲率いる軍勢に出くわし…

居場所

ねえ幸村様 わたしはあなたが大好きです 本当に 心から あなたをお慕いしているの でも でもね 幸村様 わたしはあなたを愛していいの? あなたの隣にいていいの? あなたは 一体どこを見ているのですか? 何を見ているのですか? それはわたしと同じものです…

犯人の名台詞

「殺すつもりじゃなかったんだ―――!!」 殺すつもりじゃなかった人はそんな極悪人な笑い方しないよ。 今日たまたま見た再放送のコナンの話。後半だったのだけど、さすが前後編の王道。前半の説明がしっかりしてるわ。 犯人って大抵冒頭のようなことを言うか…

私服の時間

「……くのいち」 「ハイハーイ♪なんでしょう?幸村様」 ザーザーと雨が降る中、あたしは元気に返事をした。

RSE物語―カナズミシティ Ⅳ ―

「それで」 ナオは鬱憤のこもった声で話を切り出した。 「あんた昨日どこで何してたの?」

RSE物語―カナズミシティ Ⅲ ―

「それでは明日の朝十時にお待ちしております」 「朝十時?他に挑戦者は?」 「他の挑戦者の方々は、午後の挑戦予約となっています」

RSE物語―カナズミシティ Ⅱ ―

カナズミシティでハギ老人と別れたユウキは、デボン・コーポレーションに戻ってきた。 建物の中に入ると、社内は騒然としていた。当たり前だ。会社にとってとても大事なモノが盗まれたのだから。 「おお、ユウキくん!」

RSE物語―カナズミシティ Ⅰ ―

ユウキが丘を降りて老人の所に戻ってくると、老人がピーコちゃんの姿を見つけて駆け寄ってきた。 「ピーコちゃん!」 ユウキが離すと、ピーコちゃんは老人の方に嬉しそうに羽ばたいていく。

RSE物語― デボン・コーポレーション Ⅴ ―

男の言葉を聞いたユウキは、自分の顔が強ばるのを自覚した。 衝撃で凍りついた喉から、必死に声を絞り出す。 「なん、だって・・・?」

RSE物語― デボン・コーポレーション Ⅳ ―

「・・・大事な荷物を盗んで、社長を殴って、ご老人のポケモンを盾にして、どこまであなたは最低なんですか!」 「はっ!なんとでも言え。世の中にゃ勝てば官軍って言葉があるんだよ!」 男は言うなり、キャモメを持ったままトンネルの方に走り出した。

RSE物語― デボン・コーポレーション Ⅲ ―

男はアゴに手を添える。 「ん〜?そりゃ男かい?もしかして」 男の反応に、ユウキの目に期待の色が宿った。

RSE物語― デボン・コーポレーション Ⅱ ―

「はあ、はあ。私が留守の間に誰か出ていかなかったか?」 肩を上下させながら、ツワブキ社長は受付の女性に問いかける。 女性は思い返し、首を横に振ろうとして―――思い留まった。

RSE物語― デボン・コーポレーション Ⅰ ―

森の影が薄くなり、目の前を赤い光が満たした。 結局あっさりと時間をかけずに森を抜けてしまったナオは、全身に光を浴びるように伸びをした。 「結局会うことなく抜けちゃったじゃない。満足?」

RSE物語― vsアクア団 Ⅴ ―

ユウキは困ったように笑う。 「・・・自分が持っていないとわかったら、引き上げてくれると思ったんでしょう?」 「ああ」

RSE物語― vsアクア団 Ⅳ ―

ユウキはクマキチのそばに駆け寄った。 「なんで・・・」 「どく状態になるのは防いだはずって?」

RSE物語― vsアクア団 Ⅲ ―

「なんにもしゃべらないと思ったら、なぁに?坊や」 「ボクはあなたが欲しがってるモノが何かはわからない」 「じゃあ黙ってて」

RSE物語― vsアクア団 Ⅱ ―

「は?ボロボロ!な〜に言っちゃってんの、負け犬ちゃん♪」 「負け――!?」 思わずあげたケイタの声もそっちのけ、女は言葉を続ける。

RSE物語― vsアクア団 Ⅰ ―

キノココをなでていた手を止め、ユウキは立ち上がる。 「ボクはそろそろ先に行かなきゃ。今日はびっくりさせてごめんね」 見上げてくるキノココに別れを告げてカナズミシティに向けて歩き出した。 野生のキノココは、その後ろ姿をしばらくずっと見つめていた…

RSE物語―トウカの森 Ⅳ ―

食べ終わった後にそっと手を伸ばしてキノココをなでてやると、気持ち良さそうな仕草をする。 しばらくそうしていると、キノココの方からユウキにすりよってきた。 「よしよし。おいしかった?」

RSE物語―トウカの森 Ⅲ ―

「お!ドッキー!」 ポケモン二匹が消えた方に三人が進んでいくと、ドクケイルの姿が木々の間に垣間見えた。 「ユウキのミズゴロウすごいな!本当にいたよ!」

RSE物語―トウカの森 Ⅱ ―

どこだろう。確かに見た覚えがあるのだが。 そう、どこかといえば・・・、 「テレビ・・・?」

RSE物語―トウカの森 Ⅰ ―

トウカシティを抜けたユウキは、その先のトウカの森へと踏み込んだ。 「トウカの先だから、ここがトウカの森か。森っていうと、やっぱり虫ポケモンなんかがいるのかな」 ミズゴロウのゴロウとジグザグマのクマキチと供にポケモンを探しながら歩き進んでいく。

RSE物語―トウカシティ Ⅴ ―

「ミズゴロウを、連れた少年?」 「ナオさん?」 呟いたナオに、ミツルが不思議そうに問いかけた時だった。