桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

創作キャラバトン再び

f:id:sengenzakura:20160926221440j:plain

創作キャラ会話バトン

☆これは一次創作をされている方向きの専用キャラ会話バトンです。
☆キャラ(作品名)を指定して以下の文をなりきって会話して下さい。
☆人数は最低2人で、仲の悪いキャラ同士で組ませた方が楽しいかもしれません。

指定作品→ただいま見参!
指定キャラ→好きな二人
・和丸
・静

 


◆まず、手始めに互いに自己紹介をどうぞ

和丸「かずまるー」

静「くのいちの静でっす☆」

和丸「なんでそんなに元気なんだよ。こんなのだるいだけだろ」

静「和丸はもう少しやる気だしなって。いくらなんでも自己紹介適当すぎでしょ」

和丸「名前以外に名乗るもんもないというのに、他に何を言えと」



◆互いに第一印象と今の印象を言って下さい。

静「第一印象?由利にくっついてる変な子っ!今は恋愛成就しなさそうなかわいそうな子っ!!」

和丸「待ていっ!!

静「なに?あたしなんか間違ったこと言った?」

和丸「言った言ったじゃなくて、なんだそれっ!!」

静「いや、実際第一印象と言われてもよく覚えてないってのが正直なところだし」

和丸「まぁ、それはわかるが。お前が里に来た時、雨にぬれて憔悴して風邪ひいて寝込んでたから」

静「今思えば死んでてもおかしくない?あたし」

和丸「いや、ぶっちゃけると全員里に来る前に死んでてもおかしくないと思うぞ?」

静「あ、それ同感。でまぁ、それで済ましちゃうとつまんないから?」

和丸「こっちは大迷惑だっ」

静「図星突かれたからって慌てちゃダメでしょ。それで和丸は?」

和丸「静の印象?最初はもっとおとなしい奴だと思ってたんだけどなぁ……」

静「なに、その物言いたげな目」

和丸「――別に」

静「言いたいことがあるならはっきり言ったら?それじゃいざという時、言えなくなるわよ?」

和丸「なんだよ、いざという時って」



◆どちらがよくモテますか?

静「ああ、それはあたし」

和丸「え、マジで?」

静「菜津には敵わないんだけどねぇ。諜報活動って男にもてるとやりやすくってやりやすくって♪」

和丸「……マジで?」

静「疑いの眼差しが痛いんだけど」

和丸「菜津はいい。納得する。マジでお前が?」

静「うわ、ひどっ。猫被ったり変装とかはそりゃーしてるけど」

和丸「いや、そういう意味でもないんだが。ていうかそれお前自身がもててるわけじゃないよな?」

静「なんかイマイチ前者の意味がわかんないけど、変装に騙される男どもが悪いってことで」

和丸(葉助ってあんまり静にそこらの男は近づけないと思ってた……)

静「?」



◆本人は気付いてない相手の癖とかあります?

和丸「静の淹れる茶は濃い」

静「はっ!?」

和丸「いや“はっ!?”じゃなくて」

静「それ癖?」

和丸「さぁ?癖かどうか知らないけど、お前の淹れる茶はなんか知らんけど濃い」

静「そう?」

和丸「ああ。ちなみに一番お茶を淹れるのがうまいのは菜津」

静「由利は?」

和丸「アイツのはなんでか苦い」

静「あー……(←身に覚えがあるらしい)」

和丸「他には……、割と兄妹で依存してるところがあるとか?」

静「あ、それは自覚済み。そろそろあたしも兄離れしないとだよね~」

和丸「自覚してたのか。ていうか、葉助も妹離れしないとだろ」

静「う~ん、意外と困った兄妹?和丸は由利の尻ばっかり追いかけてるわよね」

和丸「追いかけてねぇよっ!この会話見てる人に勘違いされたらどうする!」

静「いいじゃない。由利にだけもててりゃ、あんたいいんでしょ?」

和丸「そういう問題じゃないだろ」

静「えー。――他にあんたの癖?ごめん、思いつかないv」

和丸「ふっ。できる男は弱点も相手に見せないのさ」

静「ってカッコよく言っても、想い人はおもっくそ周囲にバレてるから、説得力ないわよ?」



◆「実は…見ちゃった♪」というような、相手に見られて恥ずかしいというような目撃話とかあれば暴露しちゃって下さい。

静「和丸が由利の後をこっそりつけてるのを見つけちゃったこととか?」

和丸「お前はそれしか話題がないのかっ!!」

静「んじゃあ、子供の時障子に穴開けたのをお兄ちゃんと一緒に必死で隠そうとしてたこととか言えばいい?」

和丸「ぶっ――!!おまっ、なんでそれ知って……!?」

静「いやまあ、ちょうど諜報活動の基礎っていうかそんなもんを学び始めた頃だったから、ついつい好奇心が」

和丸「あの時はビビった。葉助とチャンバラしてたらついうっかり。ちゃんと直したから文句ないだろ」

静「だったらバレて慌てる必要もないでしょ」

和丸「いや、うまく隠せてたと思ってたから。俺の方は……そうだなぁ。そういえばないような……」

静「あたし、その辺はうまくやってるもん」

和丸「サイですか」



◆互いにどこが好きで、嫌いですか?

和丸「お前いい加減俺の事いじるのやめろっ!!」

静「えぇー。こんなからかいがいのある面白い材料が目の前で転がってるってのに、それを指をくわえて見ていろと?」

和丸「人で遊んでそんなに楽しいか?」

静「すっごく楽しい♪」

和丸「…………(脱力)」

静「まぁ、そういうことを抜かしても、和丸の性格は好きな方かな。なんか投げ遣りだけど自信家なところとか?本気で怒ったりした時は怖くて苦手だけど」

和丸「そんなに怖いか?俺」

静「怒ったお兄ちゃんより怖い。ていうか、もはや夜叉か般若顔。相手に回したら“自分の命数尽きたか”とか“自分ご臨終”とか“死亡確定、さらば家族”とか思っちゃいそうだし」

和丸「うー……。まぁ、俺も俺をいじるところ以外は特にかなぁ」




◆ある日突然「実はあなたたちは兄弟なのよ…!!」と暴露されました。さて、焦る?困る?嫌がる?嬉しい?

和丸「え゛っ……」

静「なんで固まるかな」

和丸「いや、お前と兄妹ってことは、葉助とも兄弟ってことだろ?」

静「お兄ちゃんと兄弟になるのが嫌なの?意外かも」

和丸「いや、友人として付き合うのはいいんだが……。(アイツ意外と腹黒いだろが)」

静「?あたしは別にいいかなぁ。ああでも年齢で見ればあたし達双子だね」

和丸「そういえば。現代パロだと同学年でクラスメートだったな」

静「そうだったわね」



◆相手に「ここは負けないぞ!!」という自慢話をして下さい。

和丸「全てっ!」

静「なんか、効果音で“ばばーんっ”とか特殊効果で背景に岩に波がぶつかる映像とかが流れそうなくらいに自信満々ね」

和丸「事実だろ?」

静「ふっ、甘いわ!色気なら負けないっ!!」

和丸「男に色気ってのもどーかと思うが……。お前に色気ぇ?」

静「また“菜津なら納得する”とか言ったら、問答無用で潰す」


和丸「ナンデモナイデス。でも、それじゃ比べにならないだろ」

静「じゃあ、変装術。格闘は敵わないけど、変装術なら負けないわよ」

和丸「あ、それは確かに」



◆最後にあなた達の創造主に対して何か一言お願いします。

和丸「とりあえず文章の矛盾を早く直せ」

静「それから、今書いてる番外編も早く仕上げなさい」

和丸「本編終わってるなら別にいいんじゃないか?急がなくても。それよりも先に上げるべき奴が他にもあると思うんだが」

静「ふっ、甘いわねっ!!なんでもあたしの聞いた話じゃ、あんたが由利とくっつくかくっつかないかの瀬戸際の話だって言うじゃない!あんたもこの先どうなるか、気になるでしょ!?」

和丸「いや別に。だって、ちょびちょび話や絵で出てるけど、俺と由利はくっつくこと決まってるだろ?」

静「そうやって余裕かましてると、寝首をかかれるわよ?現に番外編で由利に告ってる輩がいるみたいだし」

和丸「う゛っ……!」



◆「ありがとうございました、最後に回す方を作品名・キャラをそれぞれ指定して三人回して下さい。」を2人で仲良く振り分けて締めて下さい。

静「まぁ、ここはフリーで?」

和丸「だなぁ。ここでまた送り返してもなんだし」

静「ではでは、そういうことで」



-------------------------------------------------
バトンお持ち帰り:
http://www.blogri.jp/baton/?id=74054
ブログリバトン置き場:
http://www.blogri.jp/baton/
-------------------------------------------------





にゃああああああっ!!すみません、ありがとうございます。私のわがままを聞いて下さって><;
によによしながらバトン見させていただきましたぁっ♪
そして、送り返しありがとうございます^^(私信)


好きな二人、で来ましたんで、なんか会話させやすそーな二人をチョイス。
ぶっちゃけますと、気兼ねなく付き合える異性友達って感じだったんで現代パロでは同じクラスにしました。……してましたよね?
二人の関係は主に絵の通り。

・「名前以外にこいつら自己紹介するもんねぇっ!」……て、書いてるこっちがびっくりしたよ。
思えば、確たる地位があるわけでもなく、里の名前も不明であるし。ただ忍びって事以外、こいつらなんもねぇ、と思ってかなり困りました。

・最初の方の「恋愛成就しなさそうなかわいそうな子」っていうのは、管理人の本心です。
あれだけ想ってても相手にほとんど伝わってないってどういうことだ(笑)
信頼と恋愛感情は別物だと思ってます。実は由利って恋愛感情欠如してないか?
とまぁ、こんなこと言ってますが、頑張って二人をゴールインさせようと、ちまちま文章打ってます。

・静の性格に関しては……、なんで育ったらあんなになっちゃったんだろう。
自分でも不思議。忍びの修行始めたからかなぁ……?

・お茶ネタは、一回書いて都合上削除した話から引っ張ってきました。
和丸は味覚がいいって話のはずが、ただのお茶話に。菜津はお茶を淹れるのも上手なら、料理も上手。長のためになぜか花嫁修業。
由利は料理はいいんですが、お茶はダメという変な人。
静はたぶん男の料理が出てくる。何となく思うイメージだけど、それってあの時代の女性としてどうなんだ。
安杏はまー、言わずもがな?忍道、料理ともに修行中←

・和丸は葉助のこと、多少黒いと思ってるらしい。
和丸と葉助が兄弟って言われたら、和丸は微妙な反応しそうだなぁ、と(笑)
友人付き合いなら遠慮なくても、親族にはなりたくないらしい。
ていうか、むしろ姑?
静のもてるもてない話もたぶんそんな感じw



会話の補足長ぇっ;