桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

悪役とはなんぞや

GWは父とマイカーでドライブして来ましたー。久しぶりの藤原の郷も楽しゅうございました(^o^)

そんな感じでマイカー手に入れたので昨日も午後は運転して来ましたよ。いやはや疲れる。しかし、一人で自力であの店やこの店に行けるのはなんと楽しいことだろう。

だがこの辺の道路トラップ多すぎて怖いです。二車線で左走ってたら気づいたら左折レーンにいたりとかね、怖いよもう。

 

創作で何回かどうしようもない徹底した改心しそうにない悪役を作りたいなと思って挑戦するもどーしてもどっかで完全な悪役になりきれないキャラができてしまうんですよね。なんでだろうと考えてたら、そもそも「ほんとうの意味での善人も悪人もいない」って考え方をしてたことを思い出したんですよね、こないだ。ついでに、完全悪人の人の思考なんて私わかんないのもあるな。わかっちゃ困るけど、これさっぱりわからん。

だからどっかで“主人公側”から見たら悪人に見える理由が生まれちゃうんですかね?うーん、少年漫画の悪役でも参考にすればいいのかねぇ(って思い浮かべてるのはるろ剣)。

 

ああ、ちなみに主人公側から見たら悪人って籐夜おじさんのことです。作中では書く気がないし、彼には嫌な人でいて貰いたいのであの人がなんで忍びをやってるかとか特に言いませんが、葉助と同類って言えばたぶん伝わると思います。あれね、あの二人ね、たぶん同族嫌悪もあると思うんだよ。

おじさに以外に他にもいるっちゃいますけど。

 

設定画の方は主人公組が終わったものの、どこまでキャラ描こうかと。ただおじさんは描かないとなぁと思ったものの、この人のらくがきや過去の絵が前にブログに上げてものしか見つからないという始末で、これからキャラデザやらないといけないというトンデモ事態なってしまいました。おじさんどうやって描いてたやぁ……(;´Д`)

想起録の方でも桃琥とかいるので作りたいんですけどねー。まだ時間かかりそうです、ゲフッ。