桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

大鏡

わたしは「大鏡」を読んだことがないのですが、大鏡の中に、政権争い?で負けた悔しさのあまり、手の平を指が貫通して死んだ貴族がいるそうです。

と、この間学校の図書館に行った時に新しく貼ってあった「空想科学通信」に書いてありました。

質問の方は「この死んだ貴族の握力はいくつ何でしょう?」というもの。

いろいろ書いてあったけど、時間がないので結論だけ読んで来ました。

握力は約92kgだそうですが、それでも指の関節には曲がる限度というものがあり、一般の指の長さではいくら握力があっても手の平を貫通させることはできないそうです。

そこらへんを考えると、その貴族は中指が極端に長かったんじゃないか、だそうです。

確かに、中指だけ突出してたら貫通するだろうな。

最後に「この貴族は生まれて来た時代を間違えた。現在に生まれていれば素敵なピアニストになっていただろう」と書いてありました。

そーゆう問題か?ピアノは指が長ければ弾きやすいことこの上ないけど!ただ、中指だけ長くても・・・と思う。

つか、握力92kgってナニモノ!?

どんだけですか?

空想科学読本シリーズは結構面白いですよ。ウルトラマンはヒラメにならないと空を飛べないとか。

ハイジのブランコとかワンピースのゾロの戦い方とか、銀さんの木刀の堅さとかいろいろ真面目に考えてくれてるのが面白い。

ゾロのが出たら、ブラッドレイの五刀流はどうなんだろう?

あり?なんか前にハガレンの質問もあった気が?大佐の発火についてだったかな。

とにかくいろいろあって面白いです♪

何気にあのイラストとか好きだし・・・。