桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

書こう書こうと思って書き忘れてたとある日常会話

ついこの間のことなのですが、家族内で変な会話がありました。

わたしがのどが渇いて二階の自室から一階のリビングに下りると、父が帰ってきて夕食を食べてました。

わたし「お帰りー」

父「お帰り」

わたし「ただいまー」

父「ただいま」


すでにこの時点で意味不明な挨拶なのだけど、なんかいつものことです。


父「挨拶がよくできました」

わたし「だって挨拶しないとお父さん怒るじゃん」

父「そう?」

わたし「うん」

母「何話してるの?」

わたし「挨拶がよく出来ましたって話。挨拶しないとお父さん怒るよね」

母「あぁ、怒るね。うち専制政治(?)じゃん」

わたし「・・・・・・・あぁそーだね」

父「そうか?」

母「そうそう。王政復古の大号令絶対王政

父「いいよ。そのうち大政奉還するから」

わたし「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」


こんな感じの会話してました。その場にいたわたしが「何この会話」と思ったほど、何この会話。

時折うちの家族はこんな会話をしています、まる。