桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

春はあけぼの

春は、あけぼの。やうやう白くなりゆく、山ぎは少し明りて、紫だちたる雲の細くたなびきたる。

夏は、夜。月のころはさらなり、闇もなほ、蛍の多く飛びちがひたる。また、ただ一つ二つ、ほのかに光りて行くもをかし。雨が降るなどもをかし。

秋は、夕暮れ。夕日のさして山の端いと近うなりたるに、烏の寝どころに行くとて、三つ四つ、二つ三つ飛び急ぐさへあはれなり。まいて雁などつらねたるが、いと小さく見ゆるはいとをかし。日入りて、風の音、虫の音などは、はた言ふべきにあらず。

冬は、つとめて。雪の降りたるは言ふべきにもあらず、霜のいと白きの、またさらにでいと寒きに、火などを急ぎおこして、炭持てわたるも、つきづきし。昼になりて、ぬるくゆるびもちつければ、火桶の火の白く灰がちになりてわろし。

・・・絶対違う。最後の火桶の文なんて間違ってる気がおぞぞぞぞですよ・・・(意味不)。

ただいま春はあけぼのを暗唱中です。テストで穴埋めやるというので・・・(涙)

それで日記に何も見ないで書いてみた。

じゃ、答え合わせいきましょう!!

春→クリア

夏↓

・ただ一つ二つ→ただ一つ二つなど

・ほのかに光りて→ほのかにうち光りて

・雨が降るなども→雨など降るも

秋↓

・烏の寝どころに→烏の寝どころへ

・二つ三つ→二つ三つなど

・雁などつらねたるが→雁などのつらねたるが

・日入りて→日入りはてて

・虫の音などは→虫の音など

冬↓

・霜のいと白きの→霜のいと白きも

・またさらにで→またさらでも

・火などを急ぎ→火など急ぎ

・つきづきし→いとつきづきし

・もちつければ→もていけば

・火桶の火の→火桶の火も

・白く灰がちに→白き灰がちに

間違えまくりだな、おい。

でもこれくらい言えれば、穴埋めはできるかなぁ・・・。