桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

ううう・・・ダメだ。

意味もなく怖くて仕方がありません。何がそんなに怖いのか自分でもわからないのですが、たぶん受験がせまってることじゃないかなぁ・・・。

あああ。もう本当嫌です。県外に出て行くのも本当は出来れば避けたいんですが・・・。厳しいなぁ・・・。でも頑張らねば!
つーか、もう数Ⅲやりたくないよぉ・・・。必要だから仕方ないんだけど・・・。出来る気がしない。
現実逃避ってわかってるtけど、小説読んでるときが一番落ち着く。
ついでに一回お祓いしたいよ~・・・。

本当にこの世に「霊」なんてものが存在していたら、の話ですが、私はたぶん霊を寄せやすい体質だと思う。特に子供の霊。
同級生で見えるという子に前子供の霊が来てるよ、とか言われた。

ごめん。勘弁してくださいな。でも思い込みもいけないので、そう思わないようにしてるんですが、うーん。
最近どうも妙なんで、一回別の高校行った友達に会ってみようかなぁ・・・。


まぁ、それも霊がいたら、なんて話なんですけど。たぶん気のせいだと思いますけどね。
溜め込むより話す!でも親に話すのもあれなんで、書きなぐる!!
後で消そうと思えば消せるし。ブログなら。


まー、そもそも霊というものはなんだ、って話になるんですよね。
しかも無条件に信じている節があるんですよね、人間って。宗教なんてもっぱら・・・(自重)。
死んだら人はどうなるのか、と考える人ってやっぱいるみたいですね。なんか安心しました。

個人的に思っていることをここで言わせてもらいますと・・・、

・そもそも人格(性格)と言われているものは、その人が経験してきて影響を与えたものと親からの遺伝子が組み合わさって出来上がっていくものだと思う。要するに、人格というのは脳で創られていることになる。

・脳で人格が創られているとすると、「魂」という不確定要素はなくなり、それは脳と同義だということになる。

・ということは、人が死ねば脳も死ぬわけで、そのまま土に還る。

です。

じゃあ、霊はどうなんだ、って言われますと人の強い念じゃないかと思ってます。
残留思念って言うんですか?こういうの。

ほら、平安時代とかって念で人呪ってるじゃないですか。丑の刻参りとか。
そんなんじゃないかなー・・・って。


思ってはいるんですよ。上の人の人格についてので言うと霊の存在自体ない、ということになるんですけどね。
宗教に関しては特に言うつもりはありません。だって、結局死んだらどうなるかなんて死ななきゃわかんないんですから、すがる物は必要でしょう?



あああ。やっぱ絶対これって、受験のせいで精神不安定になってるだけだって。うあああああん・・・。
ええい!なんか言って少しすっきりしたぜ!