読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

RSE物語―はじまり Ⅰ ―

ブロロロ・・・――キキッ!

一台のトラックが、ある家の前で停止した。

トラックには『引っ越しセンター』と書かれている。

 


ガチャン、という音とともに、後ろの荷台の扉が開けられた。

「さあナオ、着いたわよ。新しい我が家♪」

扉を開けた女性は、そのまま家の方へと歩いていく。その後ろを引っ越し屋さんのゴーリキーダンボール箱を抱えてついていった。

扉から足が出てきた。

一度腰掛け、飛び降りる。ピンク色のポケモンププリンも一緒だ。

荷台から出てきた女の子は、周りを仰ぎ見て、呟いた。

「ここが、ホウエン――」

自分の荷物が入ったダンボールを一つ抱え、ナオは自分にあてがわれた部屋へ入っていった。

頭の上にはププリンが乗っている。

先に運びこまれていた机やベッドの他に、真新しい時計が一つ壁に掛かっている。

「パパからのプレゼントってこれか。・・・シンプル・イズ・ザ・ベスト?仮にも女の子の部屋だってのに無柄はないでしょ」

そして気がつく。

「・・・・・・これ、時間あってないし。ま、いいや」

時計から離れて、抱えていた荷物を降ろし、蓋を開ける。

頭からププリンが飛び降りて、廊下の方へと歩いていく。

その後ろ姿に振り向かずにナオは声をかけた。

「プー。ママ達の邪魔しないようにね」

ププリンが廊下に消えた。と同時に、一階から声がかかった。

仕方なく片付けを中断して一階に降りたナオは、母親の所へと歩いていく。

「ママ、呼んだ?」

「呼んだ呼んだ」

にこにこと頷いたナオの母は、ナオを見て顔の前で手を合わせた。

「ごめんナオ。あなた先に一人でパパの友達のオダマキ博士にあいさつに行ってくれない?」

「わたし一人で?ママは?」

「わたしは後でパパと行くから♪子どもは暗くなる前に行っちゃいなさい」

「あーそう」

母親の返事に、ナオの目が呆れたように半眼になっている。

「じゃあ行ってくるね」

「プーは連れてかないの?」

「新しい家が珍しいみたいだから置いてくよ。プーのことよろしく、ママ」

母親はコクリと頷く。

「わかったわ。そっちこそよろしくぅ♪」

母親の返事を聞いたナオは、自分の家を出た。