読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

RSE物語―102番道路 Ⅳ ―

「いいっていいって。よく言われることだから。オレの知り合いに、フトマキってやつがいてな。そいつがポケモンの足跡マニアでさ、そいつに頼まれたんだよ」

ポケモンの足跡をスケッチしてくれ、て?」

ナオヤは頷いた。

 


「ああ。元々絵なんか描くのは好きだったからな、快く引き受けてやり始めたらこれがまた結構おもしろくてな。今じゃ立派な趣味の一つになってんだ」

「そうなんですか。何事もやってみないとわからないものなんですね」

そう言うユウキは、頬をすりよせてくるジグザグマなを撫でている。

「ゴロウ」

呼ぶと、ゴロウは一度水を浴びてユウキの元に戻ってきた。

「お前これからどこに行くんだ?」

「トウカの方に行く予定です」

「そっか。じゃあお別れだ。オレはコトキタウンに住んでるもんでな」

「そうですか。それじゃあ名残惜しいですけど」

「ああ。ここまでくりゃ、トウカシティはすぐそこだ。元気でやれよ!ユウキ」

「ナオヤさんこそお元気で!」

二人は手を振ってわかれた。

「さて。ボクらもトウカシティに行かないとね。ゴロウ、クマキチ」

ユウキはジグザグマを新たな手持ちにして102番道路を歩いて行った。






--*--*--あとがき--*--*--

ユウキくんメインでっす♪

あの足跡スケッチしてる人と、ジグザグマを書きたかったんです。あはは。

ゲームやる度に、この人何してるんだろ、と思ってたので^^;

次はレッツ☆トウカシティ!