読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

会話バトン、再び

バトン

キャラと会話形式で進めるバトンです

バトンを回したらその人に知らせる
5日以内に書くこと
回した人はその人がルールを守れているかチェックしてね

 



■ 設 定 は ?
お相手はブルーとのことで。

彩「てことで、よろしくお相手お願いいたします」
ブルー(以下、ブ)「こちらこそ♪」


■ 名 前 は ?
彩「水無月彩です」
ブ「マサラタウンのブルーよ」


■ 回 す 人 を 5 人 を 決 め て ?

1…苗之さん
2…らぎいちさん
3…
4…
5…

ブ「回すひと、5人よ?」
彩「え、だっていないし」
ブ「……」
彩「…………そんな可哀相な人を見る目で見ないで」
ブ「もっと社交的になったらどうよ」


■ 5 人 ( 全 員 ) と は 何 で 知 り 合 っ た ?
彩「絵版とネトサ」
ブ「へぇー」
彩「他に反応は?」
ブ「具体的な単語に他にどうリアクションしろっていうのよ」
彩「サーセンでした」


■ 5 人 ( 全 員 ) の 中 で 一 番 最 初 に 知 り 合 っ た の は ?
彩「苗之さん」
ブ「ちなみに出会いは?」
彩「絵版の方。とってもかわゆい孫キャラを描きこんでくださってねvv」
ブ「はいはい、次行きましょーか」


■ 5 人 ( 全 員 ) の い い と こ ろ を 書 い て ね ?
彩「お優しい所と、想像力の広さ」
ブ「最初のはいいとして、後のはなに?」
彩「え、だって範囲は違えど想像力がね、凄いと思うのです」
ブ「それって、妄想ry」
彩「次行ってみよー!!!」


■ 5 人 ( 全 員 ) の い い と こ ろ が イ メ ー ジ で き る 動 物 を 書 い て く だ さ い ?
彩「なんかこの質問で最後がクエスチョンマークだと変な感じだね」
ブ「日本語としては……微妙になんか変よね。それより質問答えたら?」
彩「じゃあ……なまけもの」
ブ「なんで!?」
彩「いや、なんかなまけものって動かない分頭働かせてそうじゃない!?」
ブ「どこがっ!!!?」
彩「えー……じゃあ獏?」
ブ「ちょっ、動物ですらなくなったわよ!?」
彩「あ、でも獏は人の夢を食べちゃうから違うね。あっはっはー」
ブ「ようするに、特に思いつかないのね……?」
彩「大当たり~(千と千尋風に」


■ 5 人 ( 全 員 ) を 色 で 例 え る と ? 
彩「え、これ答えなきゃダメ?」
ブ「なんで前ので無理に答えて、前より簡単そうなのを避けようとするの?」
彩「だって、色のれぱーとりー少ないもん」
ブ「レパートリーくらいカタカナで言いなさいよ!」
彩「えー、それじゃつまんない」
ブ「つまんないって……」
彩「そうだなぁ。苗之さんは青系統。らぎいちさんはオレンジとか赤系統」
ブ「系統に逃げたわね」


■ そ の 5 ( 全 員 ) と 喧 嘩 し た こ と あ る ?
彩「してたら十中八九私が悪いに決まってる」
ブ「いや、“もしも”の話じゃないから」
彩「わかってるわかってる。したことないですよ。きっと皆様やさしいですから、私の失言も笑顔でスルーしてくださってるに違いありません」
ブ「……そうかもね」


■ 口 調 指 定
彩「口調指定……って、これ会話バトンだよね?」
ブ「会話相手を指定すればいいんじゃないの?」
彩「でも、一番最初に“設定は?”って質問があるんだから、ここで回す方のキャラクターを決めてあげればいんじゃない?」
ブ「いや、だから」
彩「だから、回すお相手の管理人様がどういう設定で話してね、という“口調指定”なのでは!?」
ブ「でも、そしたら冒頭の“キャラと会話形式で”っていうのが不自然になるわよ?」
彩「うっ……。じゃ、この最後の質問の不自然さはなんなのさ」
ブ「アタシに聞かれたって知らないわよ」
彩「………………」
ブ「………………」
彩「じゃ、回ってきた通りにやろっか」
ブ「それが一番無難ね」
彩「では、

『苗之さん→苗之さん創作のソウマくん』、
『らぎいちさん→ルビー』、

のお相手で、お願いいたしますm(_ _)m」
ブ「とりあえず、話は一段落ね」