桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

否地雷

水希から回していただきました。ありがとうございます。
一次創作対象なのに、回されたキャラはまさかの版権ですw


【創作キャラ会話バトン】

☆これは一次創作をされている方向きの専用キャラ会話バトンです。
☆キャラ(作品名)を指定して以下の文をなりきって会話して下さい。
☆人数は最低2人で、仲の悪いキャラ同士で組ませた方が楽しいかもしれません。

指定作品→スレイヤーズ
指定キャラ→好きな二人
  ・リナ
  ・アメリア

 


◆まず、手始めに互いに自己紹介をどうぞ

リナ「誰が読んだか知らないけれど、天才美少女魔道師・リナ=インバースとはあたしのことよ!!」

アメリア「他にも、ドラゴンもまたいで通るドラまたとか破壊神とかとも言うわね」

リナ「アメリア、あんたあたしに沈められたい?」

アメリア「どこに沈める気っ!?はっ、私も自己紹介しないといけませんね!(汗)」

リナ「逃げるな!!」

アメリア「私はセイルーン王国の第二皇女、アメリア=ウィル=テスラ=セイルーンです。以後、お見知りおきを」

リナ「ヒロイック・サーガオタクの間違いでしょ?」

アメリア「リナ、違うわっ!正義を愛する心よっ!!」



◆互いに第一印象と今の印象を言って下さい。

リナ「第一印象ねぇ。まさかあんたがあのフィルさんの娘だとはとても思えなかったわね」

アメリア「なんでですか?」

リナ「娘がいるって言われた時の想像と全然違ってかわいかったから。あと、ちょっとだけムカついたかな」

アメリア「え、ええ!?な、なんでですっ!私、初対面の時なにか怒らせるようなことした?」

リナ「してはいないけど・・・・・・、ねぇ」

アメリア「・・・・・・・・・。ああ、そういうことね。でもそれ、私一人だけが対象じゃないじゃない」

リナ「う、うるさいわねっ!!で今の印象だっけ?今は正義オタクね、やっぱり」

アメリア「それ以外に私の印象ないの、リナっ!?」

リナ「そうねぇ、だってあんたつっこんでくじゃない」

アメリア「それは、正義を愛する心がそうさせているのよ!」

リナ「ダメじゃん」

* * * * *

アメリア「リナの第一印象ね。凄腕の魔術師かしら」

リナ「わかってるじゃない、アメリア!」

アメリア「リナ、言っておくけどこれは第一印象だから。父さんが信頼するくらいだし。あ、でも私も噂は聞いていたわ」

リナ「なんの噂かはなんとなくわかるからあえて聞かないわ」

アメリア「その後の印象は、その噂通ってところかしら」

リナ「ちょっと!どういうことよ、アメリアっ!!」



◆どちらがよくモテますか?

リナ「どっちがって・・・・・・」

アメリア「どっちもどっちね」

リナ「とりあえず、口説かれたことは数えるほどしか」

アメリア「ええっ!?リナって口説かれたことあるのっ!?」

リナ「アメリア~?それ、どーゆう意味かしら??」

アメリア「だって、リナに言いよる男なんてガウリイさんくらいのもんだと思ってたから!」

リナ「ああああアメリアっ!?な、なんでそこにガウリイの名前が出てくるのよっ!!」

アメリア「自分の胸に聞いて見たらどう?」

リナ「そ、そーゆうアメリアはどうなのよ?」

アメリア「私は全ての悪をなくすまでは、恋なんてしていられないのよっ!」

リナ「すでに質問の答えじゃないし」



◆本人は気付いてない相手の癖とかあります?

リナ「なんかある?」

アメリア「私は特に」

リナ「あたしも特に」



◆「実は…見ちゃった♪」というような、相手に見られて恥ずかしいというような目撃話とかあれば暴露しちゃって下さい。

リナ「ごめん。質問の意味がよく理解できないんだけど」

アメリア「要するに、“これはバレたら恥ずかしいだろーなー”っていうような他人の行動を暴露しろってことでしょうか?」

リナ「そんなもんここで暴露してどうすんの?食事の肴にでもするつもり?」

アメリア「リナ、奢らないから」

リナ「ちっ―――!」



◆互いにどこが好きで、嫌いですか?

リナ「どこが好きでどこが嫌いか、か」

アメリア「悪人を成敗してくれるところは好きだけど、私を誘ってくれないところは嫌いね」

リナ「いや、別に悪人を成敗してるわけじゃ・・・・・・」

アメリア「リナ!次に盗賊団を潰す時は、必ず私を誘ってねっ!!」

リナ「はぁ、覚えてたらね。基本的にアメリアの性格は好きだけど、ヤだなーって思うところは、正義の心に燃えて後先考えなくなるところかなぁ」

アメリア「正義を愛する心のどこがいけないの!?リナ!!」

リナ「アメリア、あんたねぇ。あんたのその行動で偵察が戦闘になった、ってことがあったことを忘れたとは言わないでしょうね?」

アメリア「悪の密談を目の前でされて黙っていられるの!?リナっ!!」

リナ「そういうのは計画実行直前。全て準備を整えていざ行こう!って時に潰すのが一番おもしろいのよっ!」



◆ある日突然「実はあなたたちは兄弟なのよ…!!」と暴露されました。さて、焦る?困る?嫌がる?嬉しい?

リナ「うわっ、ビミョー」

アメリア「私は嫌ね!」

リナ「即答っ!?」

アメリア「リナがセイルーンの王室の人間だなんて、国が滅ぶわっ!!」

リナ「そこまで言うかっ!」

アメリア「断言できるわね。外交とかで“話し合いなんてめんどくさいから”とか言って一国滅ぼして帰ってきそうだし」

リナ「いや、さすがにそれはないない」



◆相手に「ここは負けないぞ!!」という自慢話をして下さい。

アメリア「それは正義を愛する心ですっ!!」

リナ「私、そんな心いらないし」

アメリア「リナは悪に一歩踏み込んでるものね」

リナ「ちょっと待てい」

アメリア「え?でも正義ではないでしょ?」

リナ「あんたと一緒に正義を語る趣味はないわよ」

アメリア「私もリナが正義かどうか聞かれたら、頷けないわ」

リナ「あたしがアメリアに自慢できるところといったら、魔術の知識かしらね、やっぱり!」

アメリア「歩く破壊魔ですもんね、リナは」

リナ「ア~メ~リ~ア~?」



◆最後に
あなた達の創造主に対して何か一言お願いします。

リナ「もう少し執筆早くなってもいいと思うけど」

アメリア「せっかく私たち仲良し正義の四人組が勢ぞろいするセレクト本も出版遅れてたものね」

リナ「そうそう。ついでに今書いてる『アビスゲート』もまだ続き出てないでしょ?」

アメリア「出す気あるんでしょーか?」

リナ「遅筆でも書いてはいるみたいだし、あるんじゃない?」



◆「ありがとうございました、最後に回す方を作品名・キャラをそれぞれ指定して三人回して下さい。」を2人で仲良く振り分けて締めて下さい。

リナ「だそうだけど」

アメリア「じゃあここは正規にもどして、苗之さん!」

リナ「ここで一人しか名前が上がらないのが、一方面の友好関係の少なさを如実に表してるわね」

アメリア「お暇でしたらで構いません。『宮中奮闘記』で東宮様と誰かでお願い致します」




はい、終了です。作品指定がなければ東宮様とリノちゃんで話してもr(ry げふげふ。なんでもないです。ごめんなさい。無視してください。お忙しいのに(汗) 原作アメリアの口調わかんなーい\(^o^)/ リナに対してはわりとタメだった気がするんですけど・・・?