読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜咲く地の気まぐれ日記

管理人の半暴走日記です。勢いのまま書いてることもあるので支離滅裂でも生暖かい目で見てくださいな。

真田丸感想 第七回『奪回』

大河感想

うざいきりさん(笑)

 

 

場数踏んでるとりさんと人質初めて+情緒不安定+疲労と不安で思考が全てマイナス方面に行っちゃってるきりさんおもしろい。台詞的にたぶん真田郷出たの初めてっぽい感じもきりさんの精神に効いてそう。箱入り娘だったんだなぁ。

 

開始数分でお城を取り戻した(奪い返した)真田家。人質がいないということで滝川一益のいる城へ潜入することに。

ここでのやり取りで「沼田と岩櫃の城はお返し致す」って言われた時昌幸様本気で驚いてたよねwwもう奪っちゃった後だものねww

対面取り繕っていい顔しといて隙が見えたら奪いに行くようなところだったものねあの辺。武田・今川・北条時代から。(確かそんなんだった気がする)

 

信繁が来た時のきりさんのとびっきり嬉しそうな顔。見知った顔+好きな相手が助けに来てくれたらそらー嬉しいよなぁ、と今思い返してて思うわ。でもきりさん、一応ばば様はあなたのお父上がお仕えしている殿のご聖母様ですよ…(敬意という概念があるのだろうか。その辺子育て失敗してませんか内記殿)。

が、まあその後の人質奪回作戦に失敗して自分も人質になっちゃう信繁さんと三十郎さん。どーなるのかなーと思ってたら、とりさん大物過ぎてww

さすが幸隆様の奥方様、お強い。風林火山でもお強かったけど、やっぱり真田丸でもお強い。木曽さん完全に頭上がってないじゃないですか(笑)

 

昌幸様と再会して「失敗続きじゃのう」と怒られながらも優しく飴も与えられる信繁さん。昌幸様さらっと自分も勘で生きてるとか言っちゃってるけど(今までのやっぱり勘か)。これはあれですね、信繁さん場数踏んで自分の勘に磨きをかけていくんですね。

そろそろ上杉人質時代に入っていくのかしらと興味津々に展開を眺めております。

 

そういえば、お城奪回時、信繁だけちゃんと鎧兜着ていなかったのはなんなのだろう。信幸兄さんはちゃんと鎧兜に身を包んでいたけれど。

 

今回、最後の史跡紹介で勘助をぶっこまれた影響で放送後に風林火山のDVDを引っ張りだして見てしまったものだからちょっとこっちに上書きされてるので短めに。

 

風林火山はいいぞ!